ボトルの種類とその行方は?

ウォーターサーバーといえば、細長い本体の上の部分に水の入ったボトルがドドンとのっかっているイメージがあるのではないでしょうか?ウォーターサーバーの水のボトルは、実は大きく2種類に分かれます。
@回収して何回も再利用するプラスチックボトル
A使い終わったら畳んで自宅で捨てるパック

@のタイプは、ボトルを繰り返し使うのでその分コストが安く、水の価格を少し抑えることが出来るようです。ただ、回収までの間は空きボトルが家に溜ってしまうという難点があります。それから、ボトル内の水を出すのに空気の圧力を利用するため、ボトル内に取り込む空気が常に清潔になるように定期メンテナンスが必要です。
水を押し出すのに空気に触れるので良くない!と言われることがありますが、気にするほどの水の変質や影響はまず起こらないのでほぼ問題ないと考えて大丈夫です。
Aのタイプは。ボトルやパックが小さくなるので、使用後は場所を取らずパックを捨てることが出来ますし、使い捨てなのでより衛生的です。
ただゴミの量が増えてしまうのが難点です。水を押し出すのに空気を使わないので、サーバーの定期メンテナンスは必要ありません。
サーバーのデザインもボトルの形も色々あるので、各社の商品を良く比較してみて下さい。

注目コンテンツ!!

banner ボトルの種類とその行方は?

記事を見る

banner コストのお話し

記事を見る

banner ココが便利!

記事を見る

Copyright(c) 我が家にもウォーターサーバーを!. All Rights Reserved.