震災をきっかけに…

banner 私の主人の親友が、クリクラでおなじみのウォーターサーバーの会社に勤めているのですが、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに、仕事が忙しくなったと言っていました。
そういえば、震災の後水の買い占め騒動なんかが起こりましたよね。クリクラの水のボトルは1本12リットル入りで、一般的な家族4人の家庭なら一週間に2本程度の使用量だそうです。が、震災後水を届けに行ったら、あと10本くらい置いてってくれないか、とか毎週の配達量を2倍にしてくれとかあちこちで言われたそうです。結局普段は日中しか稼働させていなかった工場を夜間も稼働させて、必死に増産したと言っていました。新規の設置の申し込みも、通常の10倍以上のペースであり、いつ水が足りなくなるかとひやひやだったそうです。
この主人の親友さんのおすすめで我が家にもウォーターサーバーを設置しているのですが、やはりウォーターサーバーが家にあると、ある程度の量の水がいつも家にある!という安心感があります。災害でスーパー等で水が買えなくなっても水を届けてもらう事が出来ますし、「安心」が商売になる今の時代には、とてもマッチしたサービスだなぁと感じています。
災害への備えの一環として、ウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

注目コンテンツ!!

banner ボトルの種類とその行方は?

記事を見る

banner コストのお話し

記事を見る

banner ココが便利!

記事を見る

Copyright(c) 我が家にもウォーターサーバーを!. All Rights Reserved.